2013年11月15日

スプーンやフォークのブランド - AZUMA(アヅマ)のインペリアル(ダブルエイティーン/18-18)

洋食器のうち、ナイフ、スプーン、フォークなど金物類をカトラリーという。そのカトラリーに特化したブランドがある。中でも、国産のAZUMA(アヅマ)のインペリアルは、日本人の手にあった使いやすいカトラリーとして評判が良いようだ。

AZUMA(アヅマ)について

AZUMA(アヅマ)のインペリアルは以下のページを参照。通販も可。

AZUMA(アヅマ)インペリアルのページ。通販可能。

実物も見比べて思ったAZUMAのよいところは以下。
  • 日本人の手にあったサイズ、重さ (外国ものは正直デカイ、重い)
  • 1本単位で買い足しできる
  • 品質

取扱店

贈り物となればデパート等の包装が欲しくなる。近辺の取扱店は以下。
  • 横浜タカシマヤ
  • 横浜そごう
※ 常時全種類置いているわけではなさそうなので、お取り寄せなど余裕をもって対応しよう。ちなみに私は新宿タカシマヤまで「ティータイムセット12pcs」を探しに行ってしまった。

2013年11月10日

「極楽湯 横浜鶴見店(仮称)」が出来るらしい




コーナンのすぐそばに風呂屋「極楽湯 横浜鶴見店(仮称)」が出来るらしい。

店舗数が日本一の風呂屋だそうで、リリース文書によると1,578坪、既存店の約3倍の広さだそうだ。



[HP] http://www.gokurakuyu.ne.jp/
[リリース文] http://www.gokurakuyu.ne.jp/upload_images/news20130625.pdf

以上

Slackware Linux 14.1 をインストールしてみた on VMware Player 6.X

Slackware Linux 14.1をVMware Player 6.Xにインストールしてみた。

インストール直後のGUI画面

18年以上前に初めて触ったSlackwareよりずいぶん優しくなっているが、他のディストリビューションと比較すると相変わらず硬派だ。

確認環境
  • 使用媒体:slackware64-14.1-install-dvd.iso
  • ホスト環境:Windows VISTA HP SP2 / VMware Palyer 6.0.1 / Athron 64X2

2013年11月9日

「東京ガス 環境エネルギー館」に行ってみた

※環境エネルギー館は2014年3月16日(日)に閉館。→別記事

エネルギー館外観
所在地


鶴見の港湾スポット、東京ガスの環境エネルギー館に行ってみた。


料金は無料。4階の展示物コーナーと6階屋上のビオトープで遊ぶことができる。6階には休憩所があり、持ち込みで食事も可能。

【4階展示コーナー】

展示物には何かしらのギミックが仕掛けられており、楽しい感じ。

展示物

展示物その2、ギミックが仕掛けられており、音や映像が流れる

展示物その3

展示フロアの案内図

映像が流れている展示物

○んちの特集展示物





【屋上ビオトープ】

生憎の曇天だったが、晴れていれば気持ちよさそう。子供は、そんなことお構いなしに走り回っていた。

ビオトープ全景

小川

建物を向いて撮影

バーゴラ(?)

小川の湧き出すところ


屋上ビオトープの案内図


[HP]http://www.wondership.com/

以上



2013年11月5日

本棚サービスmy rack - 便利なWebサービス

前々から、読書管理、蔵書管理に使えそうなWebサービスを探していたが、これが使えそう。

http://myrack.kakaku.com/

【読書管理】 読みたい/読んでる/読んだ/積んでいるの4つを管理

【蔵書管理】 直接的な機能はないが、タグがつけられるので「蔵書」というタグを作ってみた。

【ほか】 マニアック?な本は未登録のようだ。蔵書40冊登録したうち2冊が選択できなかった。

以上

2013年11月3日

「三鷹の森ジブリ美術館」に行ってきた。




「三鷹の森ジブリ美術館」に行ってきた。



【アクセス】

子供連れでの乗り換え回数を減らすため、川崎駅から東京駅まで移動し、そこから中央線に乗り換え、三鷹駅まで移動。※東海道線は休日でも混んでいるので使わない方が良い。

【館内】

地下1階、地上2階、屋上構成。展示はどれも楽しく、地下1階の人形と点滅する光を使ったアニメーションには見入ってしまった。そして、2階には、あのネコバスがあり、子供は大興奮(大人は歯ぎしり)間違いなし。美術館内は撮影禁止。

【屋外】

屋外(屋上とカフェ周辺ほか)は撮影可。

- ロボット兵

スタッフの方が、ロボット兵の側に居て、撮影をしてくれる。

ロボット兵正面

ロボット兵背面
- ラピュタの石版

ロボット兵の奥に進むと、ムスカがラピュタを操縦した石版が置かれている。(写真なし)

- トトロの受付

トトロが受付に鎮座している。実際の受付をしている訳ではない。

トロロ受付風景(失敗写真、今度は正面から引きで撮影しよう)

- カフェ麦わら帽子ほか

美味しそうなオムライスほかが食事出来る。結構並んでいる。なお、カフェ以外にも屋外に食べ物(ホットドックだっけ?)、アイス、飲み物(ビール、ジュース)を売っていて、オープンテラスでのんびるも出来る。(写真なし)

- ?

地下の入口横に辺にある地面を掘り下げたスペース。

掘り下げスペース(井戸を写し忘れ)

また行きたし。

[HP] http://www.ghibli-museum.jp/
[住所]東京都三鷹市下連雀1丁目1-83(都立井の頭恩賜公園西園内)

以上