2010年12月31日

lspci(8) - 使い方

lspci(8)の使い方の例。

概要

pciデバイスの認識状況を表示するコマンドツール

使い方

NEC製VersaProR VA15X(PC-VA15XRF)での実行結果

# lspci -v
00:00.0 Host bridge: ATI Technologies Inc RS200/RS200M AGP Bridge [IGP 340M] (rev 02)
        Flags: bus master, 66MHz, medium devsel, latency 64
        Memory at f8000000 (32-bit, prefetchable) [size=64M]
        Memory at f4800000 (32-bit, prefetchable) [size=4K]
        Capabilities: [a0] AGP version 2.0

00:01.0 PCI bridge: ATI Technologies Inc PCI Bridge [IGP 340M] (prog-if 00 [Normal decode])
        Flags: bus master, 66MHz, medium devsel, latency 99
        Bus: primary=00, secondary=01, subordinate=01, sec-latency=68
        I/O behind bridge: 0000a000-0000afff
        Memory behind bridge: f4500000-f45fffff
        Prefetchable memory behind bridge: f6000000-f7ffffff

00:02.0 USB Controller: ALi Corporation USB 1.1 Controller (rev 03) (prog-if 10 [OHCI])
        Subsystem: NEC Corporation Unknown device 8172
        Flags: bus master, medium devsel, latency 64, IRQ 11
        Memory at f4400000 (32-bit, non-prefetchable) [size=4K]
        Capabilities: [60] Power Management version 2

00:04.0 Multimedia audio controller: ALi Corporation M5451 PCI AC-Link Controller Audio Device (rev 02)
        Subsystem: NEC Corporation Unknown device 81bb
        Flags: bus master, medium devsel, latency 64, IRQ 11
        I/O ports at 8800 [size=256]
        Memory at f4402000 (32-bit, non-prefetchable) [size=4K]
        Capabilities: [dc] Power Management version 2

00:06.0 Bridge: ALi Corporation M7101 Power Management Controller [PMU]
        Subsystem: NEC Corporation Unknown device 7101
        Flags: medium devsel

00:07.0 ISA bridge: ALi Corporation M1533/M1535/M1543 PCI to ISA Bridge [Aladdin IV/V/V+]
        Subsystem: ALi Corporation ALi M1533 Aladdin IV/V ISA Bridge
        Flags: bus master, medium devsel, latency 0
        Capabilities: [a0] Power Management version 1

00:0a.0 CardBus bridge: Texas Instruments PCI1520 PC card Cardbus Controller (rev 01)
        Subsystem: NEC Corporation Unknown device 81c4
        Flags: bus master, medium devsel, latency 168, IRQ 11
        Memory at f4403000 (32-bit, non-prefetchable) [size=4K]
        Bus: primary=00, secondary=02, subordinate=05, sec-latency=176
        Memory window 0: 50000000-51fff000 (prefetchable)
        Memory window 1: 52000000-53fff000
        I/O window 0: 00001000-000010ff
        I/O window 1: 00001400-000014ff
        16-bit legacy interface ports at 0001

00:0a.1 CardBus bridge: Texas Instruments PCI1520 PC card Cardbus Controller (rev 01)
        Subsystem: NEC Corporation Unknown device 81c4
        Flags: bus master, medium devsel, latency 168, IRQ 11
        Memory at f4404000 (32-bit, non-prefetchable) [size=4K]
        Bus: primary=00, secondary=06, subordinate=09, sec-latency=176
        Memory window 0: 54000000-55fff000 (prefetchable)
        Memory window 1: 56000000-57fff000
        I/O window 0: 00001800-000018ff
        I/O window 1: 00001c00-00001cff
        16-bit legacy interface ports at 0001

00:0b.0 USB Controller: ALi Corporation USB 1.1 Controller (rev 03) (prog-if 10 [OHCI])
        Subsystem: NEC Corporation Unknown device 8173
        Flags: bus master, medium devsel, latency 64, IRQ 11
        Memory at f4405000 (32-bit, non-prefetchable) [size=4K]
        Capabilities: [60] Power Management version 2

00:0f.0 IDE interface: ALi Corporation M5229 IDE (rev c4) (prog-if fa)
        Subsystem: NEC Corporation Unknown device 8171
        Flags: bus master, medium devsel, latency 64
        I/O ports at 8080 [size=16]
        Capabilities: [60] Power Management version 2

00:12.0 Ethernet controller: Realtek Semiconductor Co., Ltd. RTL-8139/8139C/8139C+ (rev 10)
        Subsystem: NEC Corporation Unknown device 8192
        Flags: bus master, medium devsel, latency 64, IRQ 11
        I/O ports at 9c00 [size=256]
        Memory at f4406000 (32-bit, non-prefetchable) [size=256]
        Capabilities: [50] Power Management version 2

01:05.0 VGA compatible controller: ATI Technologies Inc Radeon IGP 330M/340M/350M (prog-if 00 [VGA controller])
        Subsystem: NEC Corporation Unknown device 81bc
        Flags: bus master, stepping, fast Back2Back, 66MHz, medium devsel, latency 66, IRQ 11
        Memory at f6000000 (32-bit, prefetchable) [size=32M]
        I/O ports at a000 [size=256]
        Memory at f4500000 (32-bit, non-prefetchable) [size=64K]
        [virtual] Expansion ROM at f4520000 [disabled] [size=128K]
        Capabilities: [58] AGP version 2.0
        Capabilities: [50] Power Management version 2

以上

2010年12月30日

setsebool(8) - 使い方

setsebool(8)の使い方の例

概要

SELinuxの組み込みルールの有効/無効状態(boolean)を設定するコマンドツール

getsebool(8) - 使い方

getsebool(8)の使い方の例。

概要

SELinuxの組み込みルールの有効/無効状態(boolean)を確認するコマンドツール

2010年12月23日

apt-get(8) - 使い方

apt-get(8)の使い方の例

概要

Debian系(Ubuntuなど)のパッケージ管理用のコマンドツール。

使い方

インストール
# apt-get install <パッケージ名>

アップデート
# apt-get update
# apt-get upgrade

削除
# apt-get remove <パッケージ名>

以上

service(8) - 使い方

service(8)の使い方の例

概要

常駐プログラムの起動、停止などを行うコマンドツール

使い方

サービスを起動する(httpdの例)

[root@localhost ~]# service httpd status
httpd は停止しています
[root@localhost ~]# service httpd start
httpd を起動中:                                            [  OK  ]
[root@localhost ~]# (service --status-all | grep httpd) 2> /dev/null
httpd (pid  16078) を実行中...
[root@localhost ~]# 

サービスを停止する(httpdの例)

[root@localhost ~]# service httpd status
httpd (pid  16018) を実行中...
[root@localhost ~]# service httpd stop
httpd を停止中:                                            [  OK  ]
[root@localhost ~]# (service --status-all | grep httpd) 2> /dev/null
httpd は停止しています
[root@localhost ~]# 

以上

2010年12月14日

SELinuxその1 - 使い方

SELinuxの使い方の例。

概要

SELinuxの使い方その1。

使い方

セキュリティコンテキストの見方 兼 ユーザのセキュリティコンテキストを確認する

SELinuxが有効な状態で、id -Zを実行するとユーザのセキュリティコンテキストが確認出来る。

$ id -Z
user_u:system_r:initrc_t:s0

それぞれ左から順番に、ユーザ識別子、ロール識別子、タイプ識別子、MLS識別子を表す。

user_u   ユーザ識別子
system_r ロール識別子
initrc_t タイプ識別子
s0       MLS識別子

プロセスのセキュリティコンテキストを確認する

$ ps -Z
LABEL                             PID TTY          TIME CMD
user_u:system_r:initrc_t:s0       987 pts/1    00:00:00 ps
user_u:system_r:initrc_t:s0     32623 pts/1    00:00:00 bash

ファイルのセキュリティコンテキストを確認する

$ ls -Z
drwxr-xr-x  owner owner system_u:object_r:file_t:s0      Desktop
drwx------  owner owner system_u:object_r:file_t:s0      mail

SELinuxの動作状態を確認する

$ /usr/sbin/getenforce
Enforcing

SELinuxの動作状態を変更する

# setenforce Permissive
# getenforce
Permissive
# setenforce Enforcing
# getenforce
Enforcing

SELinuxを有効/無効にする

/etc/sysconfig/selinuxファイル内のSELINUX=の行を直接編集。変更後はOS再起動。

(有効時の記述1)
SELINUX=enforcing

(有効時の記述2)
SELINUX=permissive

(無効時の記述)
SELINUX=disable

以上



2010年12月7日

e2label(8) - 使い方

e2labelの使い方の例

概要

ファイルシステムにラベルを付与するコマンドツール

使い方

パーティションを指定しラベルを付ける

# e2label /dev/sdb1

# e2label /dev/sdb1 archives
# e2label /dev/sdb1
archives
# 

以上

mke2fs(8)の使い方の例

概要

ファイルシステムを作成するコマンドツール

使い方

ext3ファイルシステムを作成する
# mke2fs -j /dev/sdb1
mke2fs 1.39 (29-May-2006)
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=4096 (log=2)
Fragment size=4096 (log=2)
8962048 inodes, 17921815 blocks
896090 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=0
Maximum filesystem blocks=4294967296
547 block groups
32768 blocks per group, 32768 fragments per group
16384 inodes per group
Superblock backups stored on blocks: 
        32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632, 2654208, 
        4096000, 7962624, 11239424

Writing inode tables: done                            
Creating journal (32768 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done

This filesystem will be automatically checked every 27 mounts or
180 days, whichever comes first.  Use tune2fs -c or -i to override.
#
以上

tar(1)の使い方の例

概要

ファイルやディレクトリをアーカイブするコマンドツール。

使い方

(1)ファイルを圧縮保存する
# ls -l Cent*img*
-rw------- 1 root root 10485760000 11月 29 14:45 CentOS5.5ga.img
# tar zcvf CentOS5.5ga.img.tgz CentOS5.5ga.img 
CentOS5.5ga.img
# ls -l Cent*img*
-rw------- 1 root root 10485760000 11月 29 14:45 CentOS5.5ga.img
-rw-r--r-- 1 root root  1175757117 12月  7 09:10 CentOS5.5ga.img.tgz
以上

2010年12月6日

vncserverの設定例 - CentOS/RHEL

vncserverの設定方法を示す。


概要

rootユーザーとownerユーザーを設定する例を記載。

内容

/etc/sysconfig/vncserversの編集

(変更後)
VNCSERVERS="1:root 2:owner"
VNCSERVERARGS[2]="-geometry 1024x768 -nolisten tcp -nohttpd"

(変更前)
# VNCSERVERS="2:myusername"
# VNCSERVERARGS[2]="-geometry 800x600 -nolisten tcp -nohttpd -localhost"

vncパスワードの設定

# su - owner
$ vncpasswd
Password:
Verify:
$ exit
# vncpasswd
Password:
Verify:

vncserverサービスの有効化

# chkconfig --list | grep vncserver
vncserver       0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
# chkconfig vncserver on
# chkconfig --list | grep vncserver
vncserver       0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
#

vncserverサービスの起動

# service vncserver start
VNC サーバー を起動中: 1:root xauth:  creating new authority file /root/.Xauthority
New 'localhost.localdomain:1 (root)' desktop is localhost.localdomain:1

Creating default startup script /root/.vnc/xstartup
Starting applications specified in /root/.vnc/xstartup
Log file is /root/.vnc/localhost.localdomain:1.log

2:owner xauth:  creating new authority file /home/owner/.Xauthority
New 'localhost.localdomain:2 (owner)' desktop is localhost.localdomain:2

Creating default startup script /home/owner/.vnc/xstartup
Starting applications specified in /home/owner/.vnc/xstartup
Log file is /home/owner/.vnc/localhost.localdomain:2.log

                                                           [  OK  ]
#

~/.vnc/xstartupの編集

以下のコマンドラインからxstartupを編集

(rootユーザの場合)
# vi ~/.vnc/xstartup
(ownerユーザの場合)
# su - owner
$ vi ~/.vnc/xstartup
$ exit
(編集前)
#!/bin/sh

# Uncomment the following two lines for normal desktop:
# unset SESSION_MANAGER
# exec /etc/X11/xinit/xinitrc
[ -x /etc/vnc/xstartup ] && exec /etc/vnc/xstartup
[ -r $HOME/.Xresources ] && xrdb $HOME/.Xresources
xsetroot -solid grey
vncconfig -iconic &
xterm -geometry 80x24+10+10 -ls -title "$VNCDESKTOP Desktop" &
twm &

(編集後)
#!/bin/sh

# Uncomment the following two lines for normal desktop:
unset SESSION_MANAGER
exec /etc/X11/xinit/xinitrc
[ -x /etc/vnc/xstartup ] && exec /etc/vnc/xstartup
[ -r $HOME/.Xresources ] && xrdb $HOME/.Xresources
xsetroot -solid grey
vncconfig -iconic &
xterm -geometry 80x24+10+10 -ls -title "$VNCDESKTOP Desktop" &
twm &

vncserverの再起動

# service vncserver stop
VNC サーバー を停止中: 1:root 2:owner                      [  OK  ]
# service vncserver start
VNC サーバー を起動中: 1:root
New 'localhost.localdomain:1 (root)' desktop is localhost.localdomain:1

Starting applications specified in /root/.vnc/xstartup
Log file is /root/.vnc/localhost.localdomain:1.log

2:owner
New 'localhost.localdomain:2 (owner)' desktop is localhost.localdomain:2

Starting applications specified in /home/owner/.vnc/xstartup
Log file is /home/owner/.vnc/localhost.localdomain:2.log

                                                          [  OK  ]
#

ファイアウォール設定の追加

以下のポートに対し許可設定する

  • tcp/5901 <- "1:root"定義で設定されるポート
  • tcp/5902 <- "2:owner"定義で設定されるポート

VNCクライアントでの接続方法

それぞれ以下接続先を指定する

rootユーザへの接続
localhost.localdomain:1

ownerユーザへの接続
localhost.localdomain:2

参考

以上

吉野家

国道1号を渡った先、横浜市街地方面に向かう途中に「吉野家」。

尻手駅前に、「すき家」があるのでこちらを利用することは殆ど無いが、偶に無性に食べたくなる。



地図はこちら。


より大きな地図で 最寄駅は尻手駅 を表示

2010年12月5日

大木商店

尻手商店街を抜け、良忠寺門前を右に曲がって、更に進んだところに、ヤマザキショップ「大木商店」がある。

すぐ近くの大木米店横で灯油も購入可能で、この近所に住んでいるなら利用しない手はない。

週刊誌は良くここで買っている。




より大きな地図で 最寄駅は尻手駅 を表示


ラベル

Android Android-x86 apache Backup Blog CentOS DDNS Debian DIY DTM Eclipse Excel Fedora Firefox Google Chrome Hyper-V java Kreetingkard KVM Linux Linux Mint Linuxコマンド例 Linuxシステム管理 Linux管理 Minecraft Minecraft: Wii U Edition Nintendo 3DS nmap O'REILLY Office KB openssl OpenStack openSUSE openSUSE 12 Parted Magic patch(1) PC DIY PC自作 pgrep(1) PHP Picasa pmap(1) PMMP Postfix postgresql printer ps(1) pukiwiki QEMU RHEL rhel5 rhel6 samba sar(1) savscan(1) savupdate(1) Scientific Linux 6 security SELinux SEO showrgb(1) Slackware Linux SLES smbclient(1) smbstatus(1) snmpd(8) squid startx(1) stat(1) strace(1) syslogd(8) tac(1) tee(1) testdisk Thunderbird timezone tomcat touch(1) tr(1) trouble shooting tuning ubuntu uname(1) USB tethering USBブート USBメモリ vi(1) vim(1) virtualbox VMWare VMWare Player vmware server VMware Tools VNC Web Services Wii U Windows wordpress x window XAMPP イベント・祭り インターネット おもちゃ屋 カツカレー ギフト クリーニング店 ゲーム ゴミ コンビニ サンプルコード スポーツ スポット スマホ ソースコード その他 ダーツ ツールTIPS つぶやき ディスク設定 デジタルDIY デジタルガジェット デスクトップ設定 ドラッグストア トラブル トラブルシューティング ニュース ネットワーク設定 バス観光 バックアップ・リストア ビリヤード ブログパーツ プログラミング ブログ作成 ペット用品店 ホームセンター マンションギャラリー メダリーフ リモートアクセス設定 リラクゼーション レジストリ 為替 映画館 英語勉強メモ 横浜市 横浜市交通局 横浜矢向周辺 横濱たちばな亭 屋台 屋内プレイランド 屋内遊園地 温泉 花火 画像 海水浴場 外食 街猫 学校 楽天ウェブサービス 鎌倉 交通 公園 公共施設 国内x86サーバ 災害 雑貨店 参考文献 散髪 使い方 子供教室 死因 寺社 車関連 習い事 住居メンテナンス 出前 情報 食料品店 尻手駅前 新横浜 新横浜駅 新規出店情報 新築 新鶴見公園 新鶴見人道橋 神社 水族館 川崎 川崎駅 川崎市南部市場 川崎大師 卓球 段葛 中古屋 中山ビル 釣り施設 鶴岡八幡宮 鶴見 鶴見神社 電気店 電車 統計 動物園 南武線 日枝神社 買い物 買物 博物館等 八景島シーパラダイス 美容・サロン 百貨店 病院 風呂 複合商業施設 保育園 本屋 漫画 漫画喫茶 矢向 遊園地